88namelogo PROJECT MEDIA ABOUT US CONTACT LINK ENGLISH
PROFILE CONCEPT 設計業務について 銭湯について考える

 

■銭湯をライフスタイルに■

江戸の時代より、銭湯は日本独自の文化として生活の中で機能してきました。
しかし現代において、銭湯が激減してしまっている状況は、とても残念な事です。
健康・コミュニケーション・癒し…現代の日本に必要なものが銭湯にはあります。
「銭湯を日常の文化として、日本の生活にもう一度根付かせたい」
この思いものと、私どもは銭湯に関わる様々な活動を展開しております。

■設計活動〜銭湯を未来の日本につなげてゆくために■ →銭湯設計実績MENU

内風呂の普及率が95%以上となった現代の日本において、生活衛生機能以上の付加価値が
銭湯に求められるようになりました。
この付加価値をより深く、広く、強力にするため、私どもは計画に際して
「設計コンセプト」を設定します。
設計コンセプトは、私どもが蓄積した様々なデータや地域調査などを基本としながら、
施主様との打合わせを通じて、以下3つの視点から設定します。
 ①現状認識 ②将来のビジョン ③独自性
設計コンセプトを最適なものとすることで、銭湯の地域における存在意義が強まり
その結果、改築された銭湯が未来の日本に生き残ってゆくのだと考えています。
めざすところは、現代の技術と昔ながらの銭湯文化が融合する
「懐かしくも新しい銭湯空間」の創造です。

■ケンタローの夢銭湯■ →夢銭湯MENU

銭湯雑誌「1010」誌に掲載されていたエッセイのバックナンバーです。
イメージ画による表現で、未来につながる夢の銭湯空間を提案しています。

■銭湯ブログ■ →東京銭湯入浴記

銭湯雑誌「1010」誌上にて、2009年よりの新連載『個性派銭湯セレクション』のバックナンバー
他、東京を中心とした今井健太郎の温泉+銭湯の入浴記を中心としたBLOGです。
都市部では、現在でも様々なタイプの銭湯がありますが、身近にある銭湯の魅力を、
実際の入浴体験を通じてお伝えできればと考えています。
『個性派銭湯セレクション』は、個性的な店造りの銭湯空間を設計士が独自の視点で解説し、
「未来に生きる銭湯の姿」をその空間に探る~というものです。

■銭湯振興舎■ →銭湯振興舎web

銭湯振興舎では、銭湯の魅力を多くの方に再発見していただき、より多くの人に銭湯を
利用してもらいたいと考え、活動しています。
活動内容は、銭湯イベントの企画/運営、銭湯ペンキ絵広告の募集/描き替えなどです。
当事務所は、銭湯振興舎のメンバーとして銭湯の活性化のための活動をしています。

■東京銭湯の今■ →東京銭湯資料_pdfファイル

東京銭湯の現状を、簡単にまとめてみました。
上記湯フェスにおいて、来場者に配付している資料です。
東京銭湯の今をなるべく多くの方に理解していただこうと考え、まとめた資料です。