今井健太郎建築設計事務所

JPN | ENG

BUNKA-YOKUSEN

丸いペンキ絵のある銭湯

 基本的にリニューアル物件においては「使えるものは残して使う」というのがわたしたちの考えです。エコという観点から廃棄物は少ない方がもちろん良いですし、時間の経過が生み出した良素材の質感は、新らしい建材では得難い魅力があるからです。文化浴泉における改修は予算条件から、なるべく既設部分を再利用することが前提となりました。よって既設再利用のインテリアエレメントとのコーディネイトが課題となりましたが、不思議なミスマッチ感で新設部と既設部で融合されたように思います。丸い額縁に縁取られた円形ペンキ絵は直経1.8mあり、これは日本では唯一のペンキ絵デザインで店の個性を特徴づけています。


文化浴泉
BUNKA-YOKUSEN

所在地:
東京都目黒区東山3-6-8
主要用途:
銭湯(普通公衆浴場)
改築部:
290m²
竣工:
2011年3月
施工:
北原建設+川瀬鉄工所
設計:
今井健太郎建築設計事務所
写真:
石橋マサヒロ
WEB:
文化浴泉